C-CHALK ~最強のメガ進化の果て~

C-CHALK


バクーダ@バクーダナイト
勇敢HA
地震
岩雪崩
身代わり
守る

クイタラン@防塵ゴーグル
冷静HC
大文字
不意打ち
ギガドレイン
守る

フリーザー@強制ギプス
呑気HB
氷の息吹
フリーズドライ
威張る
守る

レパルダス@脱出ボタン
臆病HS
猫騙し
イカサマ
アンコール
威張る

キングドラ@スカーフ
控えめCS
流星群
ハイドロポンプ
冷凍ビーム
先送り

クレセリア@メンタルハーブ
生意気hbcd
サイコキネシス
威張る
トリックルーム
三日月の舞

【構築を組むに至った経緯】
現在のダブル環境を席巻するクレセドランバレルランドガルーラ+1の並び、通称CHALK。そのCHALKを使う上で課題となるのはやはりミラーである。ガルーラスタンを使う上で同速勝負や不毛な耐え調整のいたちごっこは避けては通れない。安定した勝率を稼ぐ為には自分だけの専用機として根本から構築作り直す必要があると考え、構築のメンツから見直すためCHALK診断という診断メーカーを回した結果
・バクーダ
・クイタラン
・フリーザー
・レパルダス
・キングドラ
・自由枠
というパーティーが出てきたのでこの並びで構築を組むことになった。


【構築が完成するまでの経緯】
確定枠の5体の中で、ゲームを決めに行くスペックを持ち得るのはキングドラとバクーダの2体。
真っ先に考えたのはキングドラ+レパルダスの雨乞いによる手動雨。フリーザーの暴風ともシナジーがある上に、自由枠の残り一枠と合わせて上から叩きに行く構築が無難だと考えた。しかし、手動であるが故に通常の雨パと比べて一手遅くなってしまう点、クイタランとバクーダが文字通り置物になってしまう点、フリーザーの攻撃性能の低さからどうしても構築全体のパワーが不足してしまう点から廃案に。
しかしながら、バクーダを使うにしても自由枠がトリル要因で固定されてしまう点や、キングドラが置物になってしまう点から構築を纏める作業は困難を極めた。
1週間熟考した結果、怒りのツボバクーダにフリーザーで氷の息吹を当てることによってA6段階上昇バクーダを降臨させる最強のギミックを閃いたためバクーダ軸で構築を作ることを決意。

【構築のコンセプト】
「最強のメガ進化」をテーマに、少しでもバクーダの怒りのツボギミックを発動させて盤面を制圧しやすくすることを意識して組んだ。

【個別解説】
・バクーダ
この構築の絶対的エース。裏を返せばバクーダを失ってしまうとまともなアタッカーが他に一体もいないため勝ち筋が殆ど潰えてしまう。しかし、ギミック発動後のメガバクーダの火力は圧倒的で、メインウェポンの地震の火力を巷で最強と騒がれているメガガルーラの捨て身タックルと火力指数を比較すると
・メガバクーダの地震(ダブルダメ)
189×100×1.5×0.75×4=85050
・メガガルーラの捨て身タックル
194×120×1.5×1.5=52380
つまり、メガガルーラの手助け捨て身タックルを二方向に同時に撃っている以上の火力を持っているのだ。まさに最強の名に恥じぬ圧倒的な制圧力。チカラアバレどころの騒ぎではない。

・クイタラン
対モロバレル専用決戦兵器。大文字でH振りモロバレルを高乱数(81.3%)一発で葬ることが出来る。炎タイプのくせにオーバーヒートを覚えないせいで微妙に確定を取れない。
ちなみに、手助け不意打ちでブレードフォルムのギルガルドをワンパン出来るらしい。うん。

・フリーザー
怒りのツボギミックの発動役であると同時に、雨パに対して無類の強さを誇る準伝枠。強制ギプスを持たせてトリル下でバクーダより早くツボをつくことによって対面の有象無象をバクーダで無に帰す事が可能。21%でしか混乱を引く事が出来ない暴風では構築のパワーの低さを補うに至らない場面が多かったため90%の確率で混乱を引く事が出来る威張る(通称:メガ暴風)を採用。これによって本来は構築単位で処理が不可能なワイガ持ちやマリルリに対して45%のワンチャンファイトを仕掛ける事が可能となったため対応力が飛躍的に高くなったと言える。

・レパルダス
ギミック発動の手助けをしてくれる便利屋。トリルギミック後も、安全に後続に繋げるためにクッションとして投げつける役割やトリルターンが切れた後に相手に形振り構わず威張り散らして強引にバクーダを動かすことを可能にすることによってワンチャンスを掴みにいく役割を持っている。

・キングドラ
チンカス。なーにがキングじゃ。

・クレセリア
トリル要因。圧倒的耐久によって安定してトリルを張れることは勿論、三日月の舞によって後続のギミック要因に負荷をかけることなく退場することが可能だが、二回トリルを張らなくては勝てない試合がそこそこあるので舞う際は慎重な判断が必要。バクーダで荒らし回った後詰め切れる程度の最低限の攻撃性能を確保するためにサイコキネシスを採用。

【回し方】
まずは気合いでトリルを張るところからゲームが始まる。そこから気合いでどうにかしてフリーザーとバクーダを並べながらギミックを発動させる。大抵の場合トリルが切れる前に決着をつけることは出来ないため、トリルターン中にバクーダで身代わりを貼ったり、クレセリアでもう一回トリルを張ったり、レパルダスで威張ったりしてなんとか勝ち筋を模索する。
ギミックが発動するのは上手く回ってもトリル3ターン目からであるが故に、ギミック発動の前も後も必然的に修羅のような立ち回りを強いられる。その先に待つ勝利を掴み、対戦相手がこの(クソみたいな)構築に負けた悔しさを堪えながら「そのCHALK思ってたより強いね…」と言ってきたところに
「CHALKが強いんじゃない…オレが、強いんだよ。」
と言い放ち相手の顔を真っ赤にすることに成功した時、人類は新たな絶頂(ステージ)へと至る事が出来るだろう。


続きを読む

スポンサーサイト

6世代全国ダブルキャラランク決定版

今回は六世代ダブルの強さランクを書く…予定だったのですが、書きはじめる直前に6世代ダブルを100試合もやってない奴の作るランクに信憑性もクソもないことに気付いたので、急遽テーマを変えて「僕がダブルレートでインポだと思うポケモンランキング」を発表していきたいと思います。

1位:特殊型霊獣ランドロス
FCランドロス

昨日、ダブルレート行ったんです。ダブルレート。
そしたらなんか霊獣ランドロスがめちゃくちゃいっぱいいて威嚇しか撒かれないんです。
で、よく見たらなんかドリームボールに入ってて、大地の力、とかほざいてるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、化身の流用如きで普段来ないダブルレート来てんじゃねーよ、ボケが。
通常色だよ、通常色。
なんか親子連れとかもいるし。一家4人でダブルレートか。おめでてーな。
よーしパパめざ氷うっちゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、ポイアやるからレート譲れと。
ダブルレートってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
画面の向こうに座った奴といつ喧嘩が始まってもおかしくない、
刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。
で、やっとマッチングしたかと思ったら、相手の奴が、つえーやつはチョッキランド、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、チョッキなんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、チョッキで、だ。
お前は本当にチョッキを使いたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、チョッキって言いたいだけちゃうんかと。
ダブル通の俺から言わせてもらえば今、ダブル通の間での最新流行はやっぱり、
鉢巻ランド、これだね。
鉢巻大爆発。これが通の立ち回り。
鉢巻っての火力が1.5倍になってる。そん代わり技は固定。これ。
で、それにアバレ(大爆発)。これ最強。
しかしこれを使うと次のターンからランドロスが使えないという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前らド素人は、ワルビアルでも使ってなさいってこった。


霊獣ランドの種族値の高さを完全に無駄にしてる。何故化身ではいけないのか。どう考えても火力足りてないのにちょっと威嚇ついてるからって何故霊獣にしたのか、本当にチンポとかじゃなくてインポ。このポケモン使ってるやつの親の顔が見てみたくなるレベル。マジやべえ。パネえ。





一位が圧倒的すぎて二位以下書く気力がなくなったので終わります。

続きを読む

アンケートみたいなもの

全国ダブル、ランダムレート準拠で初手
自分:ラティオス(ジュエル) ランドロス(ヤチェ) 後ろ:クレセリア バンギラス ハッサム トリトドン
相手:クレセリア メタグロス 後ろ:ラティオス ランドロス バンギラス トリトドン
この状況であなたならどう動きますか?

ウルガッサ雨スイッチ

雨ウルガッサ、てんめぐver


ニョロトノ@水のジュエル
冷静 H252 C252 D4
実数値:166-*-95-156-121-67
ハイドロポンプ 冷凍ビーム 手助け 守る

キングドラ@拘りスカーフ
控えめ H4 C252 S252
実数値:151-*-115-161-115-137
ハイドロポンプ 濁流 流星群 冷凍ビーム

クレセリア@オボンのみ
生意気 H212 B60 C160 D76
実数値:222-*-148-115-176-81
サイコキネシス 冷凍ビーム 手助け トリックルーム

ハッサム@虫のジュエル
勇敢H236 A252 B20
実数値:175-200-123-*-100-63
虫喰い バレットパンチ アクロバット 守る

ウルガモス
臆病 H4 C252 S252
実数値:161-*-85-187-125-167
オーバーヒート 虫のさざめき 怒りの粉 守る

キノガッサ
陽気 H4 A252 S252
実数値:136-182-100-*-80-134
マッハパンチ タネマシンガン キノコの胞子 守る

ウルガッサ、雨、スイッチという3つの要素を取り入れたパーティー。相手のパーティーによって雨選出、ウルガッサ、火力要因+クレセリアのような強力な並びを作れる選出を柔軟に行えるのが強み。

【構築の流れ】
このパーティーは、ウルガッサを使いたいというところからスタートしました。環境の上位に長らく君臨し続けて対策が進んでしまっているカポウルガと比べて、明確な対応策が用意出来ているパーティーはまだ少ないと判断したためです。
ウルガッサの並びの最大の弱点は、二体とも中速であることです。つまり、初手で出せば上から叩かれ、後発から出せばトリックルームを絡めて下から叩かれて処理されてしまうということです。電磁波構築では後者のトリックルームに対応しきれないと思ったのです、こちらもスイッチにする方針が確定。スイッチと言うことで、とりあえず思考停止でクレセリア+シュバルゴを投入。
ここまでの四体(ウルガモス、キノガッサ、クレセリア、シュバルゴ)で辛いのは、前者の通り上から叩いて来る相手なので更に上から叩けるスカーフ持ちで採用出来る個体がいないか模索する事に。そして、上から叩いて来る相手の中でも特に辛いのは
・キングドラ(水が一貫)
・霊獣ランドロス(地震が通りやすい、ウルガッサの天敵、シュバルゴにも威嚇が入る)
・ウルガモス(炎が一貫、こちらのウルガモスが最速でも同速対決になる可能性が高い)
このあたりをまとめて見れる二体を探した結果、ニョロトノ+スカーフグドラが候補に挙がり、細かく吟味した結果相性補完も比較的綺麗だったため一応六体が決まる


【構築の微調整】
六体を決め終わった際に真っ先に課題に挙がったのは、選出の読まれやすさでした。トノグドラ+ウルガッサ+クレセシュバルゴという構成上、素直な構築ではこちらの勝ち筋が絞られやすいのです。そこで、なるべく選出の幅を広げる為に
・トリル下でしか動けないシュバルゴをハッサムに変更
・ウルガモスを使い捨てやすい怒りの粉珠型にして小回りを利きやすくする
・ニョロトノを最遅にしてクレセリアとのシナジーを作る
・キングドラをスカーフにすることによってニョロトノ以外と組ませやすくなる
などの微調整を施しました。

【個別解説】
大体は構築の流れの項で説明してしまったので補足程度に

・ニョロトノ
トリル下のアタッカー、天候変化要因。キングドラと同時に選出する機会は割と少ない。雨によってこのパーティーに一貫しやすい炎技を半減するのも大切な役割。

・キングドラ
正直、スカーフドラゴンが蔓延している現環境でスカーフグドラを採用するのはあまり賢い選択ではないと思います(スカーフグドラ自体も普通に読まれます)。しかし、前述の通り選出の幅を広げたかったので採用する形となりました。また、パーティー全体として対策の薄い霊獣ボルトロスを上から命中安定の冷凍ビームで叩ける点も採用理由の一つです。

・ウルガモス
炎技の枠はオーバーヒートと熱風で最後まで悩みました
熱風のメリット
・相手の鋼に対して継続的に圧力をかけることが出来る
・両側に圧力をかけることが出来る
・撃った後に下げる必要がない
オーバーヒートのメリット
・火力が高い→縛れる相手が多い
・怒りの粉とのシナジーがある
結局、後ろに「受け要因」が少ないこのパーティーの性質上、短期決戦に持ち込めるオーバーヒートの方が適すると思いオーバーヒートを採用しました。
※オーバーヒートと怒りの粉
オーバーヒートを撃った後、相手は火力の下がったウルガモスを放置して横に集中してくる可能性が高いため、怒りの粉が活かしやすい。

・キノガッサ
守るを切って手助けを採用している型が多いので、守らない読みでキノガッサ側に集中されて落とされることが懸念されたため守るを採用。実際に回してみるとキノガッサを大事に取っておいたほうが勝ち筋につながる場面は多かったのでこの選択は正解だったと思います。

・クレセリア
テンプレのトリル型。この型は自分からもある程度殴れるので選出の幅を広げるというコンセプトともマッチしてて○

・ハッサム
シュバルゴや格闘を倒す為にアクロバットを採用。トリトドンを迅速に処理するために持ち物は虫のジュエル。流星群を受けることまで考慮すると耐久面は少々物足りなく感じますが、受けることよりも攻める事を重点に置いて考えれば十分な数値だと思います。

【プレイング面での注意点】
・グドラのスカーフは読まれてる前提で立ち回るのが無難
・キノガッサを大事に
・全体的に耐久低めなので殴られる前に殴り切る事を意識すると◎
・ドロポンは外しても泣かない

【最後に】
スカーフグドラでカバーしなくてはいけない範囲が広すぎるため(特に砂スイッチ相手)、択(もしくは技)外して落とされると一気に厳しくなってしまうので、環境的に若干苦しくなってきた感じが否めなかったので晒す流れに。それでもプレイング次第ではまだいけると思うので立ち回りに自信ある方には割とオススメ出来る構築だと思います。

質問、誤植等あればコメントお願いします( ◠‿◠ )

第8回てんのめぐみオフに参加してきました

るーにーさん主催の第8回てんのめぐみオフに参加してきました!
初めてのオフということで前日からかなり緊張してました。
当日は寝落ちを回避しながらなんとかオフ会場の最寄駅に到着するも、事前に用意した地図が大雑把すぎて会場の場所が皆目検討がつかなくなるアクシデントが発生。ネットを使える環境もなく詰みかけたと思ったその時、目の前にいた人を見て
「アレ、この人ポケモントレーナーっぽくね?」
と直感的に思い、藁にもすがる思いでとりあえずついていく事に。すると僕の読み通りその人がてんめぐオフの参加者だったので無事会場に辿りつけました、運が良くて助かりました(ちなみにこの時ついて行った人がその日の優勝者のぴかさんでした)
会場に到着してから1時間半くらいすると本戦が開始、使用構築はこちら
雨ウルガッサ、てんめぐver
1戦目:Scarさん
相手の選出:クレセリア メタグロス Wロトム ヤミラミ (サザンドラ スイクン)
こちらの選出:ウルガモス キノガッサ クレセリア ニョロトノ
凄くアツい試合だったのは覚えてるんですが、初戦で緊張してて詳しい内容はあんまり覚えてないです()ウルガモスのさざめきが相手のクレセの急所に当たって落ちたのだけ覚えてます
win:3-0

2戦目:たいきさん
相手の選出:ラティアス カポエラー サザンドラ シュバルゴ (トゲキッス FCボルトロス)
こちらの選出:ウルガモス キングドラ ニョロトノ クレセリア
完璧に立ち回られてフルボッコにされました()
lose:0-4

3戦目:スナドリさん
相手の選出:シャンデラ モロバレル ラッキー ツボツボ (ハリテヤマ ブルンゲル)
こちらの選出:ウルガモス キノガッサ ニョロトノ ハッサム
てんめぐオフにはラッキーが多いと聞いていたのでニョロトノに滅び持たせてガンメタ貼ってたので流石に負けませんでした()
win:4-0

4戦目:カピパラさん
相手の選出:クレセリア バンギラス ボーマンダ Wロトム (メタグロス FCランドロス)
こちらの選出:キングドラ ウルガモス キノガッサ ニョロトノ
この日一番立ち回り冴えてた試合でした。次の試合が印象強すぎて詳しい内容は覚えてないです()
win:4-0

5戦目:某マンダさん
相手の選出:ヤミラミ フワライド ウルガモス ユキノオー (バンギラス ガブリアス)
こちらの選出:ウルガモス キノガッサ ニョロトノ ハッサム
3勝2敗のたいきさんとの直接対決に負けてるので、この試合に勝たないと決勝トナメに上がれない場面で相手は某マンダさん。とりあえず基本選出に負けないことを意識して選出するとまさかの裏選出。
ニョロトノで滅び入れて処理しようと思っていたためフワライドガン無視でヤミラミから落としに行き、バトンをユキノオーに繋がれるも後続のウルガモスも処理して相手の残りは身代わり+6段階回避上昇ユキノオーと何もできないフワライドのみでこちらは4体残しの理想的な場。そして詰めの一手としてウルガモスでノオーの身代わりを割りに行きながらニョロトノでドヤ顔しながら滅びの歌を選択すると・・・
【ウルガモスのむしのさざめき!】
【ユキノオーのぼうおん】
僕「えっ」
某マンダさん「おー!?wwwwwwwにわかかー??wwwwwwwwww」
【ニョロトノのほろびのうた!】
【ユキノオーのぼうおん】
僕「えっ・・・えっ・・・」
某マンダさん「おー!?wwwwwwwにわかかー??wwwwwwwwww」
そういえばユキノオー出てきた時に霰降らなかった・・・っけ?え?何が起こったのかしばらく理解出来ず、このままニョロトノ、ウルガモス、相手のフワライドが滅びで消える。
この時点で残りは
相手:ユキノオー(回避率最大、身代わり残し)
こちら:ハッサム キノガッサ
正直この時点で、僕のてんめぐオフはここで終わりだと思いました。これまでの対戦が走馬灯のように頭を駆け巡り、負けた後残った時間どうしようかなぁとか考えてましたが・・・なんと相手が零度を3回外している隙にハッサム(ゆきたんくさん産)がバレパン3回当てて勝ちました()結果的に試合には勝ちましたが勝った心地がしませんでした
win:2-0

結果的に最終成績4-1、1位で予選抜けという申し分のない結果。決勝トナメが始まるまでの空き時間でシングルをすることに。

シングル1戦目:スナドリさん
シングル用の個体持ってなかったらしくてマンダが物理じゃなくて威嚇の特殊型でしたが、それが逆に辛かったです(◞‸◟)
lose:0-3

シングル2戦目:ななかさん
トゲキッス堅すぎワロタ・・・って言いながら3舞カイリューの逆鱗ぶっぱでゴリ押して、最後はポリ2の急所に当てて勝ち
win:3-0

シングル3戦目:アルカナさん
スターミーとカイリューが初手で対面、悠長に竜舞積みつつスターミーを突破してそのままゴリ押して勝ち
win:3-0

シングル4戦目:Bさん
ブシンがドレパン急所でハッサム落としたのが全てでした()
win:1-0

シングル5戦目:ミーサさん
対戦初めてすぐに決勝トナメが始まってしまったので降参しました
lose:3-3

決勝トナメ1戦目:ノヴさん
相手の選出:ジュゴン FCボルトロス FCランドロス ゴチミル
こちらの選出:ウルガモス キノガッサ キングドラ クレセリア
相手が初手からゴチミルジュゴンでトリル滅び打ってくると思ったんですが、相手の方に対戦後に聞いてみるとキノガッサを処理してから勝ち筋を展開する流れだったそうで、それが読めずに不用意にキノガッサを動かしてしまったのが敗因でした。
lose:0-2

というわけでベスト8でした。正直このパーティーならもう少し上まで行けるかなと思ってたんですが、如何せんプレイングが追いついていなかったので順当な結果だと思います。

本戦が終わった後はマルチバトルとかしてました。中でも面白かった試合はこちら
BV:61-27878-61158
僕「ボルトロスでドンメルに威張るべ^q^」
【ボルトロスの威張る!】
【ドンメルのマイペース】
僕「ぎええええええええ」
某マンダさん 「おー!?wwwwwwwにわかかー??wwwwwwwwww」

決勝終わって一段落ついたところで二次会会場のサイゼリヤへ。僕たちの卓は6人で、他の卓がポケモントークを楽しみながらDS開いてる間、僕たちは夜のジュエル潮吹きとか台パンとかの話をずっとしてました()ポケモン勢が意外とリア充ばかりだったのでDTの僕は軽くカルチャーショック受けました(◞‸◟)

こんな感じで非常に充実した一日を過ごすことが出来ました、機会があればまた是非また参加したいと思います。
最後になりましたが、今回のオフの主催のるーにーさんと参加者の皆さん、本当にお疲れ様でした!
プロフィール

がんてつ

Author:がんてつ
ポケモン(シングル63、全国ダブル、ローテーション)やってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR