【WS】お猿さんでもわかる先攻を取るためのじゃんけん必勝法

先攻有利と言われるヴァイスシュヴァルツにおいて勝率を大きく左右するのがじゃんけん。先攻後攻によって勝率が大きく変わる重要な場面であるにもかかわらず、適当に気分で手を決めてる人があまりにも多すぎる。そんなモンキーボーイなそこの貴方でも今日から実践できるじゃんけんの必勝法を今回は特別に公開したいと思う。

じゃんけんにおいて「最善手」はチョキ
一般的にじゃんけん初心者はグー、中級者はパー、上級者はチョキを出す傾向が強いと言われている。上級者の立ち回りは長年の実戦から積み重ねた研究の成果であるため必然的に勝率は高いものであるといえる上に、仮に同じ境地に至っている上級者と対峙したときにも五分には持ち込めるため最も合理的な手であると言える。しかしながらこれだけで勝てるほどじゃんけんというゲームは簡単なものではない。ここで常勝を阻む壁として立ちはだかってくるのは皮肉にも、グーを出してくる脳禁チンパンジーの存在である。どんなにリスクケアが出来ていない、ただ「指を開くのが億劫だった」というだけの理由でグーを出してくるチンパンマンが相手でも、なんの対策も講じていなければ洗練された理論をもとに構築されたチョキは脆くも敗れ去ってしまうのだ。ここで「自分の立ち回りは合っていたが相手がヘタクソすぎたせいで逆に噛み合わなくて負けた、俺は悪くない。」ということで心の平穏を保つことは出来るが、残念ながらそれでは先攻は取れないしこれだけでは必勝法とは言えない。そこで、チョキ以外の手を出す時の判断はどのようにすればよいのだろうか。

相手の顔で判断
じゃんけんを始める前に相手の顔を見る。何も考えていなさそうな顔をしていればグーに勝てるパーから入る。少しでも文明を感じればチョキから入る。ね、簡単でしょ?
この記事読んだ後に僕とじゃんけんしたとき、僕がパーを出しても怒らないでください。

二手目以降
相手との読み合い。初心者と中級者が相手であれば初手の時点で勝っているので、必然的に上級者同士の高度な択ゲーとなる。基本的には二三手変え続けた後互いに同じ手を出し続けて相手が手を変える前に自分が有利を取りに行くか相手が手を変えるのに合わせてクロスカウンターを合わせるかの駆け引きが始まる。この高度な駆け引きに関しては場数を踏むまでは安定した勝率を叩き出すことは困難だが、勝負の流れを意識することがじゃんけん界の猛者への近道。

そして常勝街道へ
じゃんけんで勝利を掴むことが出来れば、先攻で常に打ち続けられる楽しいヴァイスシュヴァルツが待っている。手札が足りないと嘆きながらヴァイスをしている皆さん。今日から先攻取って2アド、稼いでみませんか?




続きを読む

プロフィール

がんてつ

Author:がんてつ
ポケモン(シングル63、全国ダブル、ローテーション)やってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR