スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日「から」やるヴァイスシュヴァルツ

タイトルは某有名ブログのパクりオマージュ。今回は「ヴァイスシュヴァルツ始めてみたいけどどのデッキから始めればいいかわからない」と戸惑う迷える子羊達を導いて差し上げるために「とりえあえずこれ組んどけば間違いはない」タイトルをいくつか紹介したいと思う。

【タイトル紹介】
※値段は記事執筆同時の目安、地域によって値段には若干のズレがあると思われる。
※イラストの強さは主観

・ギルティクラウン
値段:5000円~
強さ:★★☆☆☆
使いやすさ:★★★★★
イラスト:★☆☆☆☆
解説:あの大人気アニメ、ギルティクラウンも参戦している大変アツいカードゲーム、それがヴァイスシュヴァルツ。目も当てられない性能だった初弾からパワーアップセットで非常に強力な追加をもらって、それなりに戦えるレベルになった。ゲーム内最高クラスの性能を誇る控え集中によって、ヴァイスの基礎であるデッキの圧縮率の重要性や、1帯の面の作り方を学ぶことが出来る。その上、高価なカードがほとんどないため非常に安上がりである。
「とりあえずゲームの本質を理解してみたいけど出来れば様子見たいからあんまりお金はかけたくない」
という慎重派なアナタには是非オススメしたいタイトル。イラストは…強力なカードは大体涯なので虚無感に打ちひしがれがち。

・おそ松
値段:8000円〜
強さ:★★★☆☆
使いやすさ:★★☆☆☆
イラスト:☆☆☆☆☆
解説:優秀な0帯のシステムカードが数多く収録されており、足腰が非常にしっかりしている。序盤でやることも、特定のカードを思い出に飛ばした後に頭を空っぽにしながら十四松かき集めて扉を貼るだけと分かりやすいため始めたばかりでも比較的扱いやすい。何よりも、防御札である新ギャグの煽り性能が「ヤバい」。

「テキトーなイラストのカードを並べて相手のイライラメーター溜めながら、最後は新ギャグ披露してメーター爆発させて勝ちたい」
という、煽り星から来た煽り星人の皆様に推したいタイトル。おそ松のイラスト好きなおそ松ボーイズアンドガールズの皆さん、ごめんなさい許してください悪気はないんですどうか命だけはご勘弁を〜

・アクセルワールド(赤黄)
値段:10000円~
強さ:★★★☆☆
使いやすさ:★★★★☆
イラスト:★★★☆☆
解説:トーナメントレベルでもちらほら見かける2016年度「新規」タイトル。旧弾はパワーアップセットをもらう前のギルティクラウン並に悲惨だったため、ほぼ採用されるのは新弾のカード。とにかく1周目の山が早いため、ヴァイスシュヴァルツにおいて非常に強力な流れである1リフの恩恵を存分に享受することが出来る。更に特筆すべき点として、このタイトルは通常は触ることの出来ない相手の後列のキャラを除去することが出来る。前列の3面しか干渉出来ない通常のデッキ同士では、毎ターン3面触り続けても大きく相手の展開が崩れる事は稀であるため「見せ合いっこオ○ニー」が基本のヴァイスシュヴァルツにおいて、4面以上に干渉して相手の展開を著しく妨害することによって一方的に気持ちよくなれる可能性を秘めているのである。
「俺は気持ちよくなるけど、お前は俺が気持ちよくなるのを見てるだけなデュフデュフグヘヘ」
と言いたいオタク向けのタイトル。その結果友達が数人減っても当ブログは一切責任は取れかねますので予め御了承を。

・とらぶる
値段:13000円~
強さ:★★★★☆
使いやすさ:★★★★★
イラスト:★★★★★
解説:優秀な回収ソースをフル活用して、金色の闇をレベル3になるまでに3枚抱えるだけの簡単なお仕事。その上イラストも中々「クる」ものがある、非常に強力なデッキ。余談だが、とらぶるには
1.やみかん(ヤミと美柑が軸、当ブログイチオシの強力なデッキ)
2.宇宙人(ララナナモモが軸、それなりに戦える上に4000円くらいあれば組める)
3.動物軸(古手川が軸、筆者の愚息のイチオシは古手川だそうだが、肝心のデッキの強さに関しては中々厳しいものがある)
の3種類があるので、とらぶるで始めることにこだわりがあるなら宇宙人や動物軸も選択肢に入るだろう。

・アイドルマスターシンデレラガールズ(TP)
値段:20000円~
強さ:★★★★★
使いやすさ:★★☆☆☆
イラスト:★★★☆☆
解説:「金を出す覚悟はあるから、チカラを寄越せ。」そんな熱意溢れるトーナメントプレイヤーのアナタに勧めたいのはトライアドプリムス、通常TP。現環境で最も強力なデッキのうちの一つであり、使いこなせた時の性能の高さはこれまでに紹介してきたどのデッキと比較しても数歩先を行くレベル。最初は指定された2種類の後列を揃えて最後はPOS凛という環境最強クラスの強力なフィニッシャーで対戦相手を葬り去るだけである程度勝てる上に、上手くなればなるほど山のケアが出来る札や回復を握りこめるようになって負け筋を消すことが出来るため、初心者から上級者になるまでこれ一本で満足出来る。難点はやはり値段の高さ。前回の制限改訂で弱体化を食らったにもかかわらず、キーカードのTP凛は1枚3500円。残念ながら3枚ではダメです。必ず4枚必要なので組む場合は諦めて買いましょう。

・Phantom(赤黄)
値段:3000円~
強さ:☆☆☆☆☆
使いやすさ:★★★★★
イラスト:★★★★★
解説:当ブログイチオシの神タイトル。手に来たカードを3枚並べてクライマックスを貼るだけ。通れば勝ち、弾かれたら負け。お猿さんでも使える親切設計。どこからでもワンチャンスが拾える可能性を秘めているため、ヴァイスシュヴァルツの醍醐味であるスリル溢れる坊主捲りが最後の瞬間まで楽しめる。唯一の難点は、ワンチャンスが拾えると言っても大抵は普通にキャンセルされて勝てないこと。ジャパニーズKAMITABA。

【最後に】
上に挙げたものはほんの一例だが、他にもこのゲームには様々なタイトルが参戦している。今回は「デッキの動き」という点に着目して紹介するタイトルを選択したが、大抵の場合「好きな作品から組みたい」から入る人がほとんどだと思われる・・・



あれ?天才だから気づいちゃったんだけどこの記事、需要なくね・・・?
スポンサーサイト
プロフィール

がんてつ

Author:がんてつ
ポケモン(シングル63、全国ダブル、ローテーション)やってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。