【WS】進撃の巨人最終章~もう扉しか信じられない~

【はじめに】
時の流れは早いもので、10試合ちょっと回して適当にブログに記事を書いた(http://waitofujin.blog112.fc2.com/blog-entry-104.html)あの日から半年。進撃というデッキを握り始めて300を超える試合数を経てついに納得のいく構築が完成したので、一つの終着点として構築をブログという形で書き残したいと考えもう一度記事を書くことにしました。自分で言うのもなんですが、昔書いた記事を今改めて読み返してみるとあまりの内容の薄さに驚きを隠せません。今回の記事ではこういった「プシューwwwwwww」とか「チカラチカラ」みたいなうわついたノリは無しで行こうと思います。

【デッキレシピ】
・レベル3 9枚
エレンx4
ミカサx4
アルミンx1

・レベル2 3枚
チェンジ元x2
レベル応援x1

・レベル1 13枚
ストブ対応ミカサx3
クリスタx2
サシャx1
スライダーエレンx3
20拳x2
立体起動装置x2

・レベル0 17枚
オバスぺ35エレンx4
クロック絆アルミンx3
移動x4
控えオカ研x2
エレン集中x4

・CX 8枚
心臓の鼓動が聞こえるx4
少女が見た世界x4

【デッキコンセプト】
†全レベル帯アヘプシュダブルピース†
半年前のリストと比べて、立体起動装置の搭載によって更にプシュリティが増した進撃。既存の「枠」に囚われない柔軟な動きで相手を惑わし敗北へと誘う。

※プシュリティとは
プシューwwwwwww(移動テキストを使用)した時の気持ちよさを示す単語。シコr・・・レアリティみたいなものだと思っていただければわかりやすいかと。

【個別解説】
・レベ3エレンx4
相手に早出しキャラがいると早出しが可能なレベル3。まさに強きを挫き、弱きを助けるテキスト。今は亡きリヴァイの代わりに詰めとしての役割も担っている、まさに構築のエース。流石主人公。そんな彼の主な仕事は早出し面以外の弱い面を苛めて面を取る事。主人公とは一体なんだったのか。

・レベ3ミカサx4
2帯から現れる動くヒール、プシュリティクイーン。早出しが出来るかどうかや終盤何枚ハンドにがめられているか、そして何よりも移動を使うタイミングと配置の仕方、全てにおいて高度なプレイングが要求される玄人向けカード。ミカサの扱いを制する者が進撃を制する。
ぼくは大抵ミカサを終盤で一枚しか抱えられないので3の中盤まで貫通した時に対処しきれてまーせんっ!

・応援アルミンx1
「いや~wwwww防御札あるんでこのターンは死なないっすよ~wwwww」とか言ってくる相手を「わからせる」ことに長けた後列要員。レベ3の裏に置いておくだけで1面以上諦めてくれる相手が大半でなので、返しは空いた穴以外の二面をアルミンでチャブルつければ相手は全面防御札使用不可。何故か自分自身もチャブルなのでワンチャンの風すら許さない。圧倒的蹂躙。
しかし、「いや~wwwwww」とか言って煽ってくる輩が「防御札あるんで~wwwww」とドヤ顔で宣言してくるのは大抵こちらが先に詰めきられて試合が終わってしまった後なので、不届き者をわからせることは実質不可能。

・チェンジ元ミカサx2
パワー9000もあればなんでも踏めると思っていた、そんな時期が僕にもありました。そんなことはないので必要に応じてスライダーとか扉とか添えながら丁寧に殴りに行きましょう。

・レベル応援x1
強いよ?

・ストブ対応ミカサx3
ストブ貼れれば流石に強い。ストブ貼れないときはモブ。

・クリスタx2
バカ発見器。放置されにくいのでレベ3ミカサと並べてオラつくと嫌らしい動きが出来る。

・サシャx1
ガバ山晒して手が足りなくなって困ってる時はクロアンに頼れって旧タイトルが教えてくれた。

・スライダーエレンx3
CX貼った時1000パンプのテキストついてないのになーにがスライダーじゃ。実は一番強いのはエレンネームなとこじゃ。

・20拳x2
いつ握っても強い。実は3枚欲しいけど枠がない。

・立体起動装置x2
最近流行の島風互換をわからせるウェイイベント。島風相手に撃つと大抵爆アド取られたみたいな顔されるけど実はこっちの手の枚数自体は増えてないのはお兄さんとのヒミツだゾ☆

・オバスぺ35エレンx4
パワー高いから序盤に腐りにくい。1帯に上がってもエレンネームであることが生きる試合が10試合に1回くらいある。

・クロック絆アルミンx3
アルミン出して絆でエレン回収しながら0帯でアヘ顔3パンマンになれるときがこのゲーム一番楽しい。

・移動x4
プシュリティプリンセス。実は中盤以降結構使い道が多いカードだったりする。

・控えオカ研x2
枠をクロック絆セットに寝取られた不憫な女の子。能動的に控えからカードを回収出来る手段はあまり多くないのでご利用は計画的に。

・エレン集中
一回捻って当たらないなら、二回捻ればいい。そんな傲慢を許してくれるのが単レスト集中のカードパワー。2コスで手札が1枚増える明石と比べて、1HITなら2倍、2HITなら4倍強い。3HIT以上すると大抵山のケアのために後々余計に捻らされるので何とも言えない気持ちになる。

・赤控えストブx4
リフ挟む前にL3のミカサをストブで埋めて、次のターンチェンジ元出して殴りに行くタイミングでそこのストックまで使い切って早出し成功出来ると上級者ぶれる。

・扉x4
風とか黄色い控えストブとかいろいろ試してみたけど、扉以外じゃ手が持たなかった()

【回し方】
・じゃんけん
http://waitofujin.blog112.fc2.com/blog-entry-113.html

・0帯
先攻移動キメた返しにクロック絆キメて3パンします。勝ち確。

・1帯
立体起動でシコり散らしながらミカサとクリスタで面を制圧。もう勝ち。

・2帯
レベ3ミカサを早出し。キャラがいる枠ならどこにでも移動出来るミカサを確実に処理できるタイトルは稀なので、大抵一体出せれば面の取り合いくらいには持ち込める。エレンまで早出し出来ればもう勝利は目前。

・3帯
ヒールが足りない。詰めも1点ショットしかない。負け。





【余談】
前回以上に雑な記事になってしまった気がしますがきっと気のせいでしょう。
最後に、少しだけ真面目な話を。レベ3入ったら取り得なくておしまいみたいな書き方を上の方ではしましたが、進撃の強みはそれまでのレベル帯でダメレ差をつけやすい点にあると僕は考えているので、詰めが足りなくて不自由を感じる場面はそもそも負け濃厚な試合がほとんどです。そのため、ゲームプラン通りに進めば詰めはエレン4枚で事足ります。デッキスペック自体は環境上位タイトルと遜色ない程度のものだと感じていますが、回していて一番の課題だと感じるのはミカサを早出しした際に風を捲られる展開です。登場のために3ストック、移動テキスト使用のために1ストックの合計4ストック使用して作った盤面を風一枚捲るだけで解決されてしまうのは、大抵の場合致命傷になってしまいます。環境に置いて風の採用率が一定の水準を下回らない限りは、2帯でミカサを早出しせずに勝てるゲームプランを用意できない限り、安定して勝率を稼ぐのは難しいのではないかというのが個人的な感想です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

がんてつ

Author:がんてつ
ポケモン(シングル63、全国ダブル、ローテーション)やってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR