【WS】しろくろトリオ2016 使用構築解説

先日のしろくろトリオでチーム6-2,個人7-1,4位で惜しくもレシピ掲載逃したので、今回は当日の使用構築を自分のブログにドヤ顔で載せることで自己顕示欲を満たそうと思います。



【レベル3】6枚
無敵のファントムドライ×4
元ファントム 江蓮×2

【レベル2】5枚
最強の暗殺者ファントムアイン×2
ファントムの助手キャル×2
人を殺す才能玲二×1

【レベル1】14枚
ファントムの実験作ドライ×4
最大の信頼アイン×3
メイド服のアイン×3
祈るドライ×4

【レベル0】17枚
狂気に満ちたドライ×2
最高傑作アイン×3
新たなファントムドライ×4
観測手キャル×4
ツヴァイの教官アイン×4

【CX】8枚
名前×4
決着×4

【コンセプト】
「俺は殺す。生きるために殺す。」
余計なギミックを全て排除して、対戦相手を瞬殺することだけに特化した、ファントムの集大成。5ターンで果てる儚い山しか作れないなら、相手も5ターンで沈めればいい。そんな単純な答えの先に辿り着いた珠玉の50枚。

【個別解説】
※前回効果書いたカードについては省略してるので前回の記事を参考にしていただければと思います
http://waitofujin.blog112.fc2.com/blog-entry-117.html?sp

・無敵のファントム ドライ
この構築のエース。回復なんてしてもどうせ返しのターンは来ないからぶっちゃけ無くてもいい(暴言)

・元ファントム 江蓮
通称元ファン。ファントムやめてもカード名にはファントムネームついてるのが偉い。相手の控えのクライマックスが5枚以上だと早出し可能、自分以外の武器のキャラに1500パンプとダメージキャンセルされた時に1コス1ドロー。貴重なソウル2キャラだから助太刀で守れるといいね。

・最強の暗殺者ファントムアイン
2/1の9000パンチャー。扉対応で相手を踏むと1点バーン。15拳のチェンジ先。そしてなんと、登場時にクロック1点喰らう()
このカードの凄いところは、チェンジしても手から出しても1点喰らうところ。近年流行のCX対応付き2/1ガウルのパワーも9000であることを考えると草も生えない。それでもこのデッキではファントムネームを持つ優秀なアタッカー。このカードが強く見えてきたらもう末期。

・ファントムの助手 キャル
ネーム指定つけたことによってソウルパンプだけじゃなくて500パンプついてるから隼鷹の上位互換…とかそういうのいいから武器指定にして欲しかったというのが全世界のファントムマイスターの総意。

・人を殺す才能 玲二
助太刀で返す面が、残ってるといいね。

・ファントムの実験作 ドライ
相変わらずのパワカ。10枚くらい入れたい。

・最大の信頼 アイン
2コス払って自身をクロックに送ると2/1の9000パンチャーにチェンジ出来る15拳。メイド服のアインの効果のトリガーになれる貴重なカードであると同時に拳としての役割もこなす、信頼出来る一枚。

・メイド服のアイン
メインフェイズに手が増えるから、アクセルの追加が来ても差別化(笑)が図れるぞ!

・祈るドライ
デッキの中のパワカは大抵拾えるとても強いカード。8枚くらい入れたい。

・狂気に満ちたドライ
最強の暗殺者ファントムアインとかの方がよっぽど狂気に満ちていると感じるのは僕だけではないはず

・最高傑作アイン
武器500パンプと自身をクロックに飛ばして全体10パンプ。一応メイド服のトリガーになる(20戦に1回くらいやらざるを得ない状況に追い込まれる)
基本的には500パンプとしての役割しか持てないため最高傑作でもなんでもない。

・新たなファントム ドライ
4投以外考えられないほどのパワカ。特徴武器時計でファントムネームの0コスパンチャー。満点。肝心のテキストはバニラだが、デメリット書いてないだけマシ。

・観測手キャル
中学生互換だと主張し始めてからそろそろ4ヶ月経つが、未だに理解を得られた事は一度もない(当たり前)

・ツヴァイの教官 アイン
最高傑作を添えて帰って来ることを祈って投げる。

【立ち回り】
クライマックスは全て握る。勝っても負けてもどのみち5ターンで決着は着くから手札は足りるという理論で、ありったけのクライマックスを叩きつけて打点を伸ばす。最後のターンには無敵2枚決着1枚と5コストさえあればそれだけでいい。

・0ターン目
じゃんけんに勝つ。勝たないと最後までクライマックスを貼り続けられないから絶対に勝つ。

・1ターン目
先攻なら相手見て帰ってきそうなら1パン。万が一じゃんけんに負けてしまった場合は相手のキャラだけ踏む1パンが基本。手札が持つ算段があるなら2パンまで。3パンしたら負け。

・2ターン目
先攻でドロゴかキャラ帰ってきてれば3パンデビュー。後攻の時は…まだ2パンかな…(5ターンしかないなら走り切れるとは一体何だったのか)

・3ターン目
ここらへんまでは対戦相手もまだ山の圧縮が弱い1周目。ここでプラ2を放り込んでレベルを1つ飛ばす。(ここで2キャン以上されるともうどう頑張っても追いつけないから早く畳んだ方がいい)

・4ターン目
この時点で自分のクロックは2の中盤あたり。山の圧縮率を考えると次のターンには当然レベル3なので、相手にも同じ土俵に立ってもらうために、隼鷹配置して横貼りながら3パン。3個中2個打点が通れば勝利は目前。

・5ターン目
レベル3に上がった時点でファイナルターン。例え3-0でも圧縮率を考慮するとファイナルターン。ドヤ顔で決着を叩きつけながら楽しい楽しい坊主捲りタイムの始まり。打点はドラ無しでも隼鷹込みで5点くらいまでは出るため、最後の最後まで通れば即決着がつくスリリングな坊主捲りが楽しめる。

・6ターン目
何かの間違いで此方のキャンセルが強いとやってくるエキストラターン。実質ボルバルザーク。普段と比べて3回も多く殴れるんだからそりゃもう勝ちよ。



余談だが、しろくろトリオで使用したのは宝物語。ファントムが活躍してくれたのは初日のフリー。数えきれない程の試合数をこなして勝った試合は1回。現実は非情である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

がんてつ

Author:がんてつ
ポケモン(シングル63、全国ダブル、ローテーション)やってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR