現環境考察

原宿CS出る前に主なデッキの特徴をまとめてみたいと思ったんで、仁の最終回見ながら記事書きたいと思います。
長文になるかもしれませんが、時間のある方はお付き合いいただければ幸いです。
まず、個人的な見解では
環境トップ
・六武
・ジャンド
準環境トップ
・代行天使
中堅
・墓地BF
・旋風BF
・ドラグニティ
・ヒロビ
・スクラップ
・マシンガジェ
・墓守
・剣闘
・ライトロード
・アンデ
・暗黒界
・魔轟神
・カラクリ
・ガエル帝
・TG

ここまで挙げてきて来て思ったのは、中堅のデッキを全て考えてデッキ構築するのは流石に無理そうなので、準環境トップまでのデッキと個人的に気になっている中堅のデッキをピックアップして考察していきたいと思います。

・六武衆
シエンを中心として、カードパワーの高いカードで相手を圧倒するデッキ。メタも通用しづらく、サイドから次元の裂け目等の強力なメタカードを投入可能なため、マッチでも非常に勝率が高い。ですが、3月の改訂で門の規制によって、突破口も見えてきました。
このデッキの主な勝ちパターンは、シエンを活かして相手を完封するパターンです。
よって、シエンを超える打点を生成出来るデッキは六武と比較的相性がいいと言えるでしょう。また、六武にとってアドバンテージ源となる結束、門、活人剣術を潰せるサイクロンや砂塵も有効でしょう。

・ジャンド
シンクロを連発して暴力的なアドバンテージを取って相手を押し切るデッキ。だが、メタは通用しやすいため、2戦目、3戦目を取れるようなサイドを構築する事で勝率を飛躍的に上げる事が可能。その中でもDDクロウは特に強力で、ジャンド側はリミットリバースとリビングデッド以外に対策が出来ない為、高確率で相手の算段を狂わせられるため、そのまま勝ちに持っていくことも容易でしょう。

・代行天使
デッキパワーは上記の二つに対して僅かに劣っていると言わざるを得ませんが、このデッキは上記のデッキに対して相性がいいのが中堅のデッキとの大きな差です。六武に対してはヒュぺリオンとクリスティア、ジャンドに対しては厚いバックとヴァーミリオンで容易に対応が可能です。
更に、下級代行者によってガチガチガンテツやトリシューラにアクセスしやすいため、相手によって臨機応変に立ち回れるのも大きな魅力です。
更には、目立った弱点も奈落、神の警告程度しかなく、2戦目以降の勝率も上げ辛いため、大抵の場合は苦戦を余儀なくされるでしょう。
ただし、デッキの特性上手札事故が起こりやすいため、運という不確定要素で試合を落としてしまいがちなのがこのデッキが準環境トップで止まってしまっている最大の原因でしょう。

今日はここまで、明日続き書きます。
仁が予想以上に面白くて思ったより記事書けなかったww
スポンサーサイト

コメントの投稿

No title

実は代行天使は裂け目等の次元系がかなり弱点です。オネスト、朱光、ヒュペ、クリスと刺さるカードが多いから。序盤こそガチガチ出したり、アースの効果普通に使えたりで影響無いように見えるけど、後半から一気にペースダウンしてサイク砂塵引かないと何もできなくなります。

Re: No title

コメントありです^^
代行は、使う前までは確かに次元に弱いイメージがあったんですけど、どうやら他のデッキと比べると被害は比較的小さいようです。代行回し始めてまだまだ日が浅いので、あまり大きな事は言えませんがw
おっしゃる通り、後半は確かにソースが尽きて苦戦を強いられる事は否めないでしょう。ですが、このデッキはアースとそれを守る除去さえ引ければ、先攻2ターン目で勝負を決める事も十分可能なスピードも持っているため、次元メタの影響を受ける前に決着をつける事も可能です(理論上はw)
どちらにせよ、最終的には次元をサイドに搭載した六武と実際にマッチを重ねて対策が必要かどうか検討してみたいと思います。貴重なご意見ありがとうございましたm(_)m

非公開コメント

プロフィール

がんてつ

Author:がんてつ
ポケモン(シングル63、全国ダブル、ローテーション)やってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR