スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【WS】SAO構築紹介~絶剣死銃~

†絶剣(ぜっけん)†と†死銃(デス・ガン)†。SAOを代表する(?)パワーワード同士の夢のコラボ。パワーワードを二つ並べれば強いデッキが出来上がるのは必然。
絶剣死銃2


【個別解説】

~レベル3~

・凛アス 4枚
ヒールとアタック時1コス1ハンドで全体ソウルパンプと500上昇。クライマックスを持っていなくてもソウルの底上げが出来る点や、クライマックスを貼る余裕があればレベル3の前でサイドアタックの選択肢が取れる等打点調整の面で貢献が可能。どう見てもパワカ。死銃が通用しないシャーロットやログホラ相手にも、このカードのおかげで分の悪くない勝負が仕掛けられる。
絶剣や集中のサーチ対象として優先度が高いのは死銃であるため、回収リソースを極力割かずに手に集まるようにするための4投。前述のバーンが通用しない相手と戦う場合のヒール勝負になる展開を考えても4枚はヒールを確保したかったという意図もある。

・死銃 4枚
コンセプトその1。相手が全て標的特徴を持つならアタック時1点バーン。クライマックスも追加コストもなしで1点バーンを飛ばすことが出来る。カードパワーの高さは、名前のオラつき具合に違わず異次元。守れば守るだけバーンを飛ばせるため、なんとしてもこのカードを助太刀で守りたいところだが、上位応援と特徴応援を並べて両端に2枚配置すれば、相手はこちらの25拳込みで14000を2面用意しなければ上から踏み超えることが出来ないのである。14000を2面作れるデッキは少なくないものの、両端14000ラインを簡単に作れるデッキはそう多くないため、このゲームプランはかなり現実的だと言えるだろう。
ゲームを通して3枚以上は投げたいカードであるため4投。

~レベル2~

・クリキンアスナ 1枚
最後に殴れば10k出るアスナ。少し心許ない数字にも見えるが、後列の標的付与ブラザーズやアタック時パンプリーファを駆使すればそこそこのパワーラインが出る。2帯では最低限相手に楽をさせないようにしつつレベル3を集めるのがコンセプトであるため、2帯で相手をまともに触ることが出来るカードはこれ一枚。大切に扱いたいところ(他人事)。

・後列標的付与弟 1枚
武器に1kパンプと後列全体標的付与。こいつが立っているかどうかで死銃が帰ってくる確率は大きく変わるため出せる余裕があれば積極的に出していきたい。後列にチャブルがついている小癪な輩もこのカード一枚でお陀仏。強いぞ弟~。

・リーファ拳 1枚
25拳と使用時コンソール。デッキ唯一の防御札。最終ターン一個前でしか打たないが、打てるストックが確保できそうなら積極的に加えていきたいところ。

~レベル1~

・副団長 3枚
振り分け可能な2000カウンター、通称シャミセン。とても強い。1帯から3帯まで広く役割が持てる優秀な1枚。ゲーム通して2枚は使う事が多い上に、1の頭で必ず握りたいので3枚。

・オバスぺ8kアスナ 4枚
自分よりレベルの高い相手とは戦えない弱い者いじめの専門家。集中と標的付与ブラザーズのどちらかが後列にいれば端でも8500、中央にいるとなんとレベル2で9500。まさに弱い者いじめの王と言えるだろう。1の頭で2枚立てたいため4枚。

・絶剣 4枚
コンセプトその2。全面埋めれば着地65、宝対応で1コスハンド1枚で2枚サーチと返しまでレベルパンプ。対応が宝であるため連動の成功率が高い点、2枚サーチの手の質の向上や圧縮率形成における面での優秀さ、行きのパワーラインの高さ等を考慮すると、1帯シナジーの中でもトップクラスの性能であると言えるだろう。

~レベル0~

・35アスナ 4枚
トップチェックしてアバター以外ならクロック行き。標的付与ブラザーズも漏れなくクロック行き。クライマックス込みでデッキの3割はクロックに送られていくため、単体で見るとありえないくらい弱い。しかし、後列のブラザーの片割れと集中と一緒に中央で5000レベル1と化すと途端に話は変わってくる。中央に居座ることが出来た時の生存率の高さを考慮すると、他のオバスぺパンチャーと比較してもリスクリターンを考慮しても頭一つ抜けていると感じたため採用に至った。0帯のコンセプトであるため4投。

・2枚戻しアスナ 4枚
登場時控えのキャラを2枚山に戻すとソウルパンプと、リバース時トップチェックでレベル1以上ならストック行き。絶剣で控えのカードを触れるようにしつつ、絶剣で使ったストックを補充出来る、まさに絶剣のために生まれてきたかのようなカード。ゲーム全体を通してストックを使う機会は多いため、ストックが1枚増える機会が増えることには大きな意味があると感じたため4投。

・前列標的付与ニキ 4枚
武器に特徴500応援と相手の前列全てに標的付与。武器を持たないのは標的付与ブラザーズのみであるため基本的には気にならない。0帯及び1帯のパワーラインが500高いかどうかは面が一面帰ってくるかどうかに直結する場面が多いため、序盤に確実に引けるようにするための4投。

・後列標的付与弟 2枚
純応援と自身レストで2ヵ所に標的付与。アニキと一緒にこいつで後列を指定すればめでたく死銃の条件は達成される。基本的には終盤まで後列は集中とアニキで固定されるため、弟を序盤で後列に配置する意義は薄いため、本来は終盤で触れるようにするために1枚でもいい枠なのだが、赤をこれ以上減らすと色が湧かなくなるリスクが大きいと判断したため2枚。

・横パンプリーファ 2枚
アタック時横に1kレベル1パンプ。主な役割は0帯から1帯のライン勝負において端を触りに行くための補助、レベル置き場要因等。弱い者いじめ大好きアスナにパンプを振ればレベル2も殴りに行けるのが地味に優秀。役割がそれなりに多いため2枚。

・緑レスト集中 4枚
2レスト山集中と中央のアスナかユウキに1kレベル1パンプ。0から1帯で中央を取り切ることを可能にしながら手の質を向上させてくれる構築の核。序盤に絶対に1枚引きたいため4枚。

~クライマックス~

・宝 4枚
絶剣の対応。実は対応よりユウキ本体を握りしめる方が難しい場面も。

・扉 4枚
死銃の対応・・・ではない。厳密には、死銃の対応ではあるのだが、この構築には入っていない2/1の後列焼きの対応。後列焼きの条件も標的参照なので、相手がカードプールに自信ニキだと後列焼きのケアで後列出し渋ってくれる試合が100試合に1回くらいあるかもしれないから、よい子の諸君はとりあえず死銃が映ってる扉にしとこうね!

【回し方】

・0帯
2ストック以上溜まるように動く。集中と共に中央に鎮座するオバスぺアスナは相手のレベルが上がらない限りほぼ触られないため、オバスぺのデメリットであるトップチェックによるドラ確認等も駆使して0止めでアドを稼ぐプレイングも積極的に狙いたい。

・1帯
弱い者いじめ大好きアスナ2面と絶剣1面連動スタートが理想。絶剣は一度に使うとストックが溜まりにくい上に返しの面が弱くなりやすくシャミセンが機能しづらくなるため、数ターンにわたって一面連動するほうが強いケースが多い。

・2帯
3帯のためのパーツを集めながら相手の面に適度に触り続けたい。3帯に上がり切る前に集中をどこかのタイミングで前に投げ捨てられるのが理想。8ストック以上溜められるように動くのが望ましい。

・3帯
凛アス死銃死銃+カウンターで1ターンもらいつつ相手の打点を押し込んで、死銃1面をカウンターで弾きながら返しに死銃を手からもう1枚出すなり3コスアンコールするなりしながら、死銃2面で詰めに行くみたいなのが綺麗な展開・・・だが、そう上手くいかないのが人生。手が足りなくて後列等が上手く揃わなければ凛アスでゴリ押すしかない。逆に考えると大抵の場合は凛アスでゴリ押せばゲームにはなる。なんて強力なカードなんだ・・・

【次回予告】
何故コンセプトとして絶剣死銃を選ぼうと思ったのか(名前とかじゃない真面目な理由)、不採用カードや色選択の理由等については次の記事で書く予定。次回、「絶剣死銃~真相編~」、お楽しみに!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

がんてつ

Author:がんてつ
ポケモン(シングル63、全国ダブル、ローテーション)やってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。