現環境考察 その3

ついに第3回まで引き摺ってしまいましたが、これで最後になると思いますw
・スクラップ
最近、LCSの優勝等でところどころ結果を残しているデッキ。やはり特筆すべきはキマイラのポテンシャルの高さとスクラップスコールの優秀さ、そして何よりもスクラップドラゴンの圧倒的な制圧力でしょう。詳しいデッキの動きは割愛しますが、一度上手い人のプレイングを見れば大体分かると思います。
このデッキに勝つための絶対条件は、スクラップドラゴンの召喚を止める、もしくは場に出ても処理出来る状況を作る事です。これが出来ないデッキは確実に喰われます。一番手軽なのは「奈落の落とし穴」で処理する方法ですが、相手も当然それは分かっているので、何らかの対策(七つ、聖槍等)をしてから召喚を試みるでしょうから、あと一段何か処理する方法を用意したいところです。返しのターンのブリュ、トリシュ、カオスソーサラー、ミラクルフュージョン等を温存しながらゲームメイクをするのが理想的でしょう。

・墓守
デッキによってはネクロバレーのせいで身動きが取れずそのまま積むパターンすらある「地雷」的な位置を確立しつつあるデッキ。正直、プレイングと言うよりは構築や引き、そして何よりもデッキの相性が勝負を大きく左右すると言うのが個人的な感想です。このデッキと相性が悪いデッキは、サイドにはなんらかの形で対策を出来るようにしたほうが堅実だと思います。

・剣闘獣
初手の引きで全てが決まる。バックが厚くてモンスター適度に引ければ、正直誰が回してもそれなりに戦えます。
ですが、その分プレイングの奥行きやカードパワーが不足しているため、ある程度このデッキと戦ってバックを読めるようになれば苦戦する事は無いと思います。



これで、環境考察は終了です、最後までこの駄文を読んでくださった、本当にありがとうございました!!
本当は、暗黒界とかガエル帝とかについても書きたかったんですが、流石に疲れたんでまた今度にしますw
最後の方、明らかに文章が短くなってますが、これは途中からめんどくさくなったからじゃありません。単に書く事があんまり無いだけです。決してもう疲れたから早く記事終わらせたいからじゃありません。大事な事なので二回言いました。

最後に、意見や質問、感想等ありましたら気軽にコメントしてください!!気付き次第返信したいと思います。
では  ノシ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

がんてつ

Author:がんてつ
ポケモン(シングル63、全国ダブル、ローテーション)やってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR