DBN環境RAGEのデッキ選択について

今期RAGEで使用するデッキを選択するに至った思考の過程のメモ。

【1.環境上位のデッキタイプの雑感】

ロイヤルネメシスエルフの三強、次点でウィッチだと考えている。

・ミッドレンジロイヤル
デッキパワーが高いトップメタ。多少プレイミスがあってもパワーでそのまま勝ってしまう試合も少なくないため基本的には持ち込み得。ミラーマッチにおいては援護射撃入りに対しては長期戦になってしまうと不利がついてしまう点が懸念点。

・援護射撃ロイヤル
バルバロッサ複数枚を合理的に積むことが出来る特性上、ミラーマッチにおいて優位に立てるミッドレンジロイヤルの派生形。明確に不利がつく相手がネメシス以外に存在しないため、BO3において2タテされづらいのは大きなメリット。自由枠が少なく構築段階において差が出辛い。

・アグロエルフ
エルフの中で茨の森を最も強く使えるアーキタイプ。多少の不利マッチでも悠々と覆す事が出来るデッキパワーの高さが魅力。1つミスをすると取返しがつかない事が少なくない上に、肝心の分岐の判断が非常にシビア。

・ミッドレンジエルフ
デッキを丸くして対応範囲を広くしたタイプ。特にアグロエルフに対して強く出れる点が大きな魅力。他の2タイプと比較すると、アグロと比較してフィニッシュターンが遅く、コントロールと比較して除去札が少ないため、ロイヤルのアーサー展開に対して最も耐性が低いので、ロイヤルに対する勝率は若干落ちると予想されるのが懸念点。

・コントロールエルフ
ミラーマッチにおいては最も強いアーキタイプ。ウィッチ全般やネメシスに対する勝率が他2つと比較すると落ちてしまうのがデメリット。

・AFネメシス
ロイヤルに有利、エルフに不利という環境上位における相性差が明確なアーキタイプ。序盤のアグロムーブの存在やマキナ着地後はリソースがほぼ無限であるという点からデッキ自体のパワーは高く対応できる範囲は広い。試合中に記憶しなくてはならない情報量が多いため連戦を乗り切るためにはある程度の慣れが必要。

・Nウィッチ
禁忌が非常に強力。他の環境上位デッキと比べると択の分岐が少ない点は大きなメリット。禁忌絡みの展開への依存度と引きの要求値が高い点と明確に有利がつく相手が少ない点が不安要素。

・ギガキマウィッチ
パチンコ
コントロール系統に対する圧倒的優位が魅力。最大値を叩きつければ誰にでも勝てる理論値の高さは唯一無二。ロイヤル、ネメシス、アグロエルフに対して不利がついている点が大きな課題。

【2.その他のデッキの雑感】

・教会ビショップ
デッキパワーが高い。アグロエルフ以外に対しては概ね五分前後が取れるためマッチング時点で相性差で大きな不利を取りにくい点が素晴らしい。デッキの特性上引きの噛み合いはどうしても必要になってくるので安定感が課題か。

・リントヴルム
一回顔面12点パンチ走っても勝てないのがバグ。

・原初ドラゴン
ネメシスに対して突然異界転送が飛んでこなければ有利。原初への依存度が高くなってしまい引けなかったり処理されたりするとそのまま敗北してしまうためかなり不安定。

・復讐ヴァンプ
Nウィッチとコントロールエルフには有利つきそう。

・ヨルムンガンドヴァンプ
全部引ければ強いね。うん。

・ネクロ
ルナちゃんかわいい!

【3.環境予想】

本来であればロイヤルエルフネメシス全てを均等に見れるような構成を考えるべきであるが、RAGEにおけるデッキ分布は大体
ロイヤル4:エルフ2:ネメシス1:ウィッチ1:その他2
と予想。ロイヤルがデッキの特性上大型大会では人気が高いと考えた。したがって持ち込むデッキに必要な条件は優先度が高い順に

①ロイヤルに対して不利が付かない
最も遭遇率の高いロイヤルに対して五分以上が出せる事が総合的な勝率の高さに直結する。仮に微不利程度だとしても積み重なれば大きなハンデになると考えた。

②エルフに対して最低限の勝率が出せる
ネメシスに対する圧倒的有利と対応範囲の広さからロイヤルに次ぐ人気クラスだと予想されるエルフ。此方に対しても最低限の勝率を確保しなければエルフ入りの構成全てに対して不利がついてしまうため耐性をつけたい。内訳予想はミッドレンジ>アグロ≧コントロール。

③デッキパワーが高い
15試合戦う中で、道中どこかで必ず不利マッチや事故を乗り越えて勝たなくてはいけない場面と遭遇することは明白である。したがって、そういった場面でそれらを覆せる地力は必要になってくる。

④安定感がある
大型大会においては、無理に最大値を目指す動きをしなくても大きな事故を起こさずそれなりの動きが出来れば勝てる試合は少なくない。そのため、構築段階からなるべく事故率の低いデッキを使用するという事は取りこぼしを減らす上で重要である。

ここまで考えたところで、大変な事に気が付いてしまう。
あれ、援護射撃ロイヤル+ネメシス以外1番満たさなくない?
たしかに、「俺の自慢のネクロはロイヤルに有利なんだよな~W」みたいな事があれば必ずしもそうではないかもしれない。しかしながら僕の体感ではロイヤルに五分以上が取れているデッキは他に見つからなかったのである。しかしそうなってくるとネメシスが2番の条件を満たさない。俺はどうすればいいんだああああああ。

【4.苦悩】
ここで考えられるアプローチは4つ。
1.ロイヤルに五分以上取れる天才デッキを発掘
2.エルフに勝てる天才ネメシスを開発する
3.ロイヤルに五分以上取れる構成を捨てる
4.諦める

1.天才デッキ発掘
出来れば苦労しない。考えた中で一番有り得そうだったのはビショップ。苦手だったアグロエルフもミッドレンジエルフの流行で減少傾向にあって追い風。しかしながら肝心のロイヤルに有利が取れるの部分に対して最後まで確信が持てなかったため断念。

2.天才ネメシス開発
AFネメシスというデッキの確定枠多すぎ問題。確定枠に手を付けるとデッキパワーと安定感が落ちてさよならバイバイ。解散!

3.ロイヤルに五分以上を取れる構成を捨てる
一番真面目に考えた選択肢。遭遇率がエルフ以上に高いと予想されるロイヤルに対する勝率を落としてまでエルフに対する勝率を追うのは本末転倒だということに気が付いて没。

4.諦める
う~ん採用!W

【5.まとめ】
実現したいことの優先順位を考えた結果、エルフをある程度諦めて援護射撃ロイヤル+ネメシスというデッキ選択を行いました。環境を読み外してロイヤル踏まずにエルフと当たり続けたら潔く諦めようと思います。

以上がRAGE前日までに考えていたこと。実際に使用したリストと当日の結果と反省については次回の記事で。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

がんてつ

Author:がんてつ
ポケモン(シングル63、全国ダブル、ローテーション)やってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR