2011年9月環境墓地BF

どうもガンテツです、皆さんお久しぶりです。
制限変わってから遊戯王をあまり触れていなかったため、記事を更新するモチベーションも上がらず、2週間以上放置する結果になってしまいました(汗)
今日は新環境の墓地BF語りたいと思います。

モンスター(18枚)
冥府の使者ゴーズ
終末の騎士×3枚
ネクロ・ガードナー
ダーク・グレファー×2枚
ダーク・アームド・ドラゴン
ゾンビキャリア
カードガンナー×2枚
BF-大旆のヴァーユ×3枚
BF-精鋭のゼピュロス
BF-疾風のゲイル
BF-暁のシロッコ×2枚

魔法(11枚)
大嵐
増援
死者蘇生
強欲で謙虚な壺×3枚
異次元からの埋葬
闇の誘惑
ブラック・ホール
サイクロン×2枚

罠(11枚)
奈落の落とし穴×2枚
神の宣告
次元幽閉×2枚
激流葬
異次元からの帰還
ダスト・シュート
ゴッドバードアタック×3枚

エクストラデッキ
A・O・J ディサイシブ・アームズ
BF-アーマード・ウィング×2枚
BF-アームズ・ウィング×2枚
BF-孤高のシルバー・ウィンド
インヴェルズ・ローチ
インフェルニティ・デス・ドラゴン
ジェムナイト・パール
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ダークエンド・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


まず、現環境において「代行天使に勝てる」構築が結果を残すためには一番の近道だと考えています。
そして、墓地BFにおける代行天使相手の切り札が「A・O・J ディサイシブ・アームズ」です。このカードの効果を通す事が勝敗を大きく左右します。したがって、このカード1枚に依存しない程度に出しやすくする構築を心がけました。
具体的には
・ダークグレファーを2枚採用。
・ネクロ・ガードナーの採用。
等がそれに当たります。理由は後述の通りです。

ディサイシブ・アームズを特殊召喚する主なパターンは大きく分けて2パターンだと考えています。
・ダークグレファーの特殊召喚効果や死者蘇生を絡めて1ターンで狙いに行くパターン
・ダークグレファーや終末の騎士をネクロガードナーで守りながら2ターン以上かけて出しに行くパターン
前者は「速効性に優れている」後者は「止められても損失が比較的少なめ」という利点がそれぞれあります。
ダークグレファーは前者と後者の両方に使える良カードですが、3枚詰むとその分バックを薄くせざるを得なくなるため2枚の採用です。
ネクロ・ガードナーは、ライトロード等の他のデッキとは違い、「能動的に墓地に送れる」のが非常に重要です。このカードの存在が、従来の構築では弱かった初手の終末、グレファーの召喚を現実的なプレイにしました。ただ、引くとグレファーが無い限り本当に弱い為、採用は1枚です。(ダークグレファーが3枚なら2枚積みも十二分に有り得ました。)

次に、ディサイシブ・アームズを絡めない勝ち筋についてです。
当然、墓地BFの勝ちパターンは
・着実にアドを取りに行く。
・ライフを削りに行く。
の二つが基本です。しかし、前者は代行天使の高いスッペクのせいで中々実現出来ないのが現状です。
したがって、僕は「ライフアドを開く事で相手が中途半端なハンドでも展開せざるを得ない状況を作り出すプレイング」を心がけてプレイングをするのが理想だと考えています。
例えば、カードガンナーは従来のカードアドを狙いに行く使い方よりもライフアドを狙いに行くプレイング(相手の場が空でも召喚する等)を行いますし、アームズウイングを出すタイミングも従来より早くなりました。

最後に、具体的な構築の部分についても軽く触れておきたいと思います。
〇モンスター
・シロッコ2
最近テンプレになりつつありますが、やはり単体では代行天使相手に弱い事が一番の理由です。旋風が今後流行するようなら3枚積むかもしれないです。
・ゴーズ
ビートダウン系相手なら出せば勝ちレベル、嵐打たれてもゲームエンドまで持っていかれない点も高評価。

〇魔法
・サイクロン2枚
ディサイシブを通すためには必要なカードですが、3枚はライトロード等に対して腐るリスクが高い上に、六武も減ってきているので2枚。

〇罠
・奈落2枚
現環境では本当に強い、前環境での警告並に確定枠。
・次元幽閉2枚
警告よりこちらを優先しました。嵐警戒でバックを気軽に置きに行けない環境で、後出しでも相手の上級処理出来るのは強いです。そもそも、警告というカード自体が元々墓地BFと噛み合っていなかったのもありますが(汗)
・ダスト・シュート
最強です。嵐警戒で初手で3枚以上バック置いてくる相手がほぼいないため後攻でも打てる確率が高いため安定のメイン採用です。

次の更新は、おそらく銀座CSの大会レポだと思われます(笑)

では ノシ
TGストライカー2枚募集中です(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王5D's オフィシャルカードゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

確率的にディサイシブを先行初手で出すことは難しく、かといって先行初手以外で出す場合止められるリスクが高く、
またすでにモンスターを展開されていることが多く沢山のカードと召喚権を消費出す意味があまりない。
さらに、最近は天使以外にも暗黒界等他のデッキも台頭してきた。
以上よりディサイシブを出すために構築をいじるのはよい選択とは思えない。

あとゴーズが強いというのには同意できん。プレイングの幅が狭まるのが致命的すぎる。
帰還奈落GBAはあらかじめ伏せておいていつでも使えるようにするのが理想で、ゴーズと噛み合わない。 

幽閉が強いのには同意。暗黒界にも刺さるしな。

さらに言えば、代行天使を潰すにはヴィーナスを潰せばよく、それは早い段階でディサイシブを出すよりも簡単かつ労力が少なくてすみ、成功確率が高い。   
ヴィーナスを潰せる警告を抜くのは大きな矛盾であり、ゴーズを抜いて警告を積むべきだ。
非公開コメント

プロフィール

がんてつ

Author:がんてつ
ポケモン(シングル63、全国ダブル、ローテーション)やってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR