ジャロゲン軸


ゲンガー@ゲンガナイト
臆病hcS
祟り目
ヘドロ爆弾
鬼火
身代わり

ジャローダ@ゴツゴツメット
臆病hbs
リーフストーム
蛇睨み
光合成
リフレクター

Hロトム@オボンのみ
図太いHB
ボルトチェンジ
オーバーヒート
10万ボルト
鬼火

スイクン@カゴのみ
図太いHbs
熱湯
冷凍ビーム
瞑想
眠る

クレッフィ@食べ残し
穏やかhbD
イカサマ
威張る
身代わり
電磁波

カイリュー@拘り鉢巻
逆鱗
地震
神速
馬鹿力

【構築を組んだ経緯】
ジャローダゲンガーって並びちょー強そうじゃね?

基本選出のあと一枠は補完考えて水枠にしたいな

スイクンと水ロトムの択だけどどっちも入れてぇ…

もしかしてロトムフォルムチェンジさせれば両方入れられるんじゃね?

アド!

【構築のコンセプト】
取り巻きで状態異常撒いてメガゲンガーで〆る。単体での詰ませ性能が高い駒が多いためメガゲンガーが出せない相手に対しても勝ち筋を拾いやすいので選出の自由度は高い。

【個別解説】
・ゲンガー
構築の軸。上でも述べた通り基本的な役割はフィニッシャー。なるべく早めにメガ進化させたいので出せる相手に対しては積極的に初手で出していきたい。配分に関しては火力にあまり振らなくても二発殴れば大抵の相手は倒せるという風に考え動かしやすくなるHSベースに。
技構成は抜き性能を上げるための祟り目とヘドロ爆弾までは確定。残りの二枠のうち片方は単体で抜きに行くために状態異常技にしようと考えたのだが、ゲンガー自身で状態異常を対面から撒いたところで勝てるようになる相手は意外と少ない。そこで、有利対面で身代わりから入る事によって安全に状態異常を撒けるようになるのではないかと考え身代わりを採用。状態異常の枠はサイクルを回す構築というコンセプトに沿って身代わりを残した状態で状態異常を撒いた後に裏に引く択を作りやすい鬼火を選択した。

・ジャローダ
ORAS環境最強のポケモン(偏見)。使っても使われても強い。型は残りの枠を決めていった結果ガルーラの処理が難しそうだったので、後投げからでも勝てるゴツメでの採用となった。初手で出すことが多いヒートロトムが苦手なガブリアスやランドロスにも後出ししやすい点も強い。
技構成はメインウェポンのリーフストームとパーティーコンセプトの蛇睨みまで確定、残りの枠はガルーラに勝つという採用理由を実現するために自動的に決まった。

・ヒートロトム
ゲンガージャローダの補完として入ってきた枠。ファイアローや電磁波の一貫切り、ボルトチェンジによる対面操作、状態異常撒き、構築に足りない炎打点の確保等構築において占める役割は非常に大きく、使い勝手は非常に良かった。そのため、動ける回数を少しでも増やしやすくするために耐久に厚めに降った調整となっている。
技構成は下から打ちやすく裏の負担を肩代わり出来るボルトチェンジ、炎打点の確保という採用理由のオーバーヒートまでは確定。残りの枠は最初は相手によって状態異常を打ち分けられるようにした方が立ち回りや選出に幅が出ると考え電磁波と鬼火を採用していたが、居座って連打出来る技が欲しい場面が多かった他、構築全体で処理が面倒なクレッフイの身代わりを確実に割るために10万ボルトの採用が決定。残りの状態異常枠はゲンガーの速さと下からボルチェンを打ちやすくする方が構築のコンセプト的には合っているという考えから鬼火を選択した。だが、電磁波を採用した場合バシャーモやリザードンXに対してカイリューを選出しなくても勝てるようになるという大きなメリットがあるため一長一短である。

・スイクン
水枠。ここまで物理に強めな駒が多いため特殊方面を見れるようにするために型は瞑想眠る型に。
技構成はメインウェポンの熱湯、特殊相手に打ち勝つための瞑想眠るまでは確定。残りの一枠は相手の瞑想スイクンやニンフィアに強く出れる吠えるとガブカイリューの安定した処理に繋がる冷凍ビームとの択だったが、攻撃範囲を広げる事によってメインプランであるサイクル戦の中で相手に負担をかけやすくなると考え冷凍ビームを採用した。

・クレッフィ
状態異常を撒きつつ妖龍の一貫を切る枠。ニンフィア、サーナイト、サザンドラ入りに対してはクレッフィを軸に相手の行動を制限していく。したがって型はこれらの相手を起点にアドバンテージを稼ぐ事が出来る身代わり食べ残し型に。
技構成は身代わり、状態異常枠まで確定。仮想敵が特殊に寄っているため比較的打ちやすい威張るの採用まで決まり、相性のいいメインウェポンであるイカサマで枠が埋まる。状態異常枠は強引に起点に出来る相手を増やして単体性能を上げるために電磁波を採用した。

・カイリュー
ここまでで見れないゲッコウガ、バシャーモ、リザードンXを見るための枠。そのためHをマルチスケイル込みでA200リザXの逆鱗を確定耐え出来るところまで振り、残りでAに振り切り余りをSに回した。また、構築全体で対面性能が高くない駒が多かったため鉢巻を持たせて殴り合いに強くした。
技構成は範囲の優秀な逆鱗地震、汎用性の高い先制技の神速まで確定。残りの一枠は構築全体で重めなガルーラをを麻痺後に一発で飛ばすことが出来る馬鹿力を選択した。

【雑感】
シーズン9の最後の2日くらいとシーズン10の序盤使ってた構築。メガ枠が一つな上にゲンガーの選出率が高くないせいで構築のパワーが足りない点が気になったので解散。全く強い構築だとは思わないけど回す前に構築記事だけ書いちゃってたし自分用のメモとして載せた形。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

がんてつ

Author:がんてつ
ポケモン(シングル63、全国ダブル、ローテーション)やってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR