JPNオープンオフレポ前篇~当日編~

JPNさん主催のJPNオープンに参加させていただきました。使用構築の解説は借りものなので割愛。
以下オフレポ。雑なのは仕様なのであしからず。

・突発サブイベント:腕相撲
一試合目:vsむくれねこ(右手)
毎日の○ントレで鍛え上げていると言われている腕力を前になすすべもなく2秒でKO。負け。
二試合目:vsむくれねこ(左手)
序盤は地力の差で窮地に立たされるも、途中から加勢してきた自分の右手と合わせて相手のリソース削り切って勝ち。余談だが相手は肘を浮かせるという明確な反則行為を行ってきたにも拘わらず負けてしまったらしい。カッコ悪い・・・
三試合目:vsにもけんぴさん
序盤で日々のチ○トレで鍛え上げた腕力でじりじりと相手を追い詰めていき勝ちを確信するも、途中から相手が両手使ってきて負け。ズル。

・本戦:過去作使用可ORASシングル6-3
1戦目:ミスターTさん
最速起きスイクンのドヤ顔熱湯で相手のドサイドン押し流して勝ち。
2戦目:おだんぽよさん
メガゲンガーの処理ヘタクソすぎてアド取り尽くされて負け。
3戦目:あみんさん
身代わりバトングロ捨身ウェイチンポソイヤ!勝ち!
4戦目:古明地こいしさん
欠伸剣舞膝チンポソイヤ!スイクンに耐えられて返しの零度でバシャ死んだソイヤ!でも勝ち!
5戦目:屋敷さん
初手ニンフィアバシャ対面でハイボ押すと相手のバシャーモが影分身を始めて顎が外れかける。守る一回挟んでバトンしてきた先にハイボが着弾・・・と思いきや防音トリデプスにハイボ吸われて真顔キメる。対戦相手の方の顔をチラっと見るとスーパードヤ顔。圧倒的精神アドを取られる。だが一回もかわされることなくガルーラのグロ捨身で全員殴り倒して勝ち。現実は非情である。
6戦目:わたるくん
初手ニンフィアプレボスイクン対面。一回零度かわして身代わり貼れれば吠える持ってたとしてもほぼ勝てると踏んで身代わりを押す。かわさない。裏のバシャーモ倒せなくなって負け。やっぱり過去作禁止にしよう(理不尽)

4-2グループ2位で予選通過。シングルオフで予選抜けは初めてだったから素直にうれしかった。

決勝トナメ一回戦:マサヤさん
鉢巻ガブに成す術もなく5ターンで沈められた某先輩の仇を取る絶好のチャンス。と思いきや1ターン目で選出したつもりのバシャーモがいるはずの枠にドヤ顔でガルーラが鎮座してて発狂する。(結果的にはガルーラの方が相手の選出には刺さってたのは内緒)
クレッフィの立ち回りに対する理解力足りないせいで混乱の試行回数稼がれ過ぎてこちらのガルーラを失う。相手の猫不意ガルーラの処理ルートなくなって負け。んひ~wwwww

4-3のベスト32で終了。二ヶ月くらい前からドヤ顔で調整するぞ~wwwwwと言っていたにも拘わらず結局二日前まで一回に構築に触る事すらなかったあたりから全く成長を感じられない^。^
シングル厨は通れば出る予定なので今度こそしっかり調整して臨みたいと思ってます(フラグ)

試合消化が終わった後は黛からもらった赤福食いながら決勝戦眺めた後飯を食いに行くことに。ここらへんで
???「真のウェイってウェイって言わなくね?どちらかといえばッエーイwwwwwwみたいな感じだよね?」
みたいな話が出る。これが後に数多の悲劇を起こすことになるとはこの時点では誰も予想していなかった・・・
人数が多すぎたため二手に分かれるこになり僕たちは餃子を食べに行くことに。7人という比較的大人数で押しかけたせいか、中華料理屋によくありがちな回転するテーブルに通される。テンションの高いチンパンジーを複数匹抱えた我々の集団をこんな席に通せば当然
なな○「ッエーイwwwwwwww(台を意味もなく回す)」
(ここで水が入ったかいぬしさんのコップを倒しそうになる)
な○か「すいませんwwww楽しくなっちゃってついwwwwww」
こういうことが起こってしまうのは目に見えていた。
なんとか無事に中華料理屋から出た僕たちは先ほど分かれた集団と合流して高級ホテルカラオケ館でチェックイン。寝たい人が現れるかもしれないということで一応二部屋に分けることに。
この高級ホテルで日付を跨ぐことになるので前篇はここで終了。後編ではこの時点で残っている13人の簡単な紹介を行った後、何も考えずに機運に身を任せて暴れ続けた機運厨たちの末路を書き記す予定。

がんてつメモ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ブログ移転すると言ったな、あれは嘘だ☝(^q^)☝

調子こいて移転したのはいいもののしばらく使ってみては○ながアレ(感覚としてはwindowsXpからwindows8に変えた時と同じ感じ)だったのでまたこっちで更新することにしました。紛らわしくて申し訳ありませんが、是非これからもよろしくお願いします。

【対戦レポ】 ラ王袋麺トリパ2連戦

久しぶりに更新・・・まともな記事かと思いきや今回は2種類のラ王の実食レポをするだけの記事です(俺得)
本文は茶番茶番アンド茶番なので普通に感想知りたい方は追記だけ読んで終わりでいいと思います()

本日ご紹介するのは下の2種類
201310211633000.jpg
一見風変わりな冷やし中華そして不動の人気を誇る醤油の2種類。全く毛色の違うこの2種類の王は果たして貫禄を見せる事が出来るのでしょううか・・・

1戦目:冷やし中華
家族で夕飯ド○ノピザで注文して食べる流れになっていたはずが気づいたら節約のためにラ王の冷やし中華で妥協王との謁見を許される事に。3ヶ月近く自宅の押入れで眠っていた王と感動の対面。
201310201828000.jpg
おお、なんという神々しいお姿・・・たとえ自宅にネギ一本なくて何も乗っていない素の状態でもやはり一流の気品は衰えませんね。安定した生麺感、ほどよい酸味、生麺顔負けのコシ。どれを取ってもラ王を名乗るに寸毫の不足もない逸品でした。

2戦目:醤油ラーメン
普通に食べるだけではぶっちゃけ飽きた趣がないので今回は趣向を変えて友人から勧められたラ王油そば風を試しに作ってみることに
作り方
1:ラ王を3分茹でる
2:上から付属のスープを6割程度かける
3:タマゴの黄身を上に乗っける
4:1~3を器に入れてかき混ぜたら完成
201310211551000.jpg
相変わらず具が一切乗ってないのは決して手を抜いてる訳じゃないです。ありのままの王を楽しみたいからです()
たとえ見栄えはイマイチでも真のラーメンとは見た目ではなく味で勝負するもの。長い歴史を経て完成された由緒正しき醤油スープのコクと卵が絶妙に舌の上で絡み合う芸術品を口にしていた私は、気がつくと感動のあまり涙を流していました。

【総評】
やはり乾麺界を統べる王はラ王を置いて他にはいないということを再認識する結果となりました。これからもラ王国名誉臣民としての誇りを胸に日々を強く生きて行きたいと思います。

続きを読む

大切なお知らせ

海外色孵化を習得したぞ!色ミニリュウ産もう!
201305032009000 (1)

進化しても可愛いなー・・・アレ?(ブログタイトルを見つめながら)
201305032009001.jpg 

続きを読む

プロフィール

がんてつ

Author:がんてつ
ポケモン(シングル63、全国ダブル、ローテーション)やってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR